学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

5年生理科「岩倉川調査」

2021年11月12日

5年生理科「流れる水と川のはたらき」の学習として、岩倉川へ行って様々な実験や観察をしました。

同志社小学校から同志社中高に向かって歩きながら観察していると、川の中の魚を食べるマガモのつがいやシロサギなどに出会いました。

その後、国際会館の南まで行き、川の流れを体験しながら曲がった川の外側と内側の違いを実際に確かめたり、岩倉自然ボランティアの村上幹夫先生から、岩倉川と生き物についてのお話を聞いたりしました。

さらに、道草の授業でSDGsについて学習してきたことを踏まえて、岩倉川のゴミについても調査しました。下流の方では、土砂にまざってプラスチックゴミがたくさん堆積している現状や、川沿いの遊歩道にはたばこの吸い殻がたくさん落ちていることを発見し、身近なゴミの問題について考える機会となりました。