学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

同志社科学館を開催しました!

2020年9月24日

8月25日~9月15日、理科室エリアにて「同志社科学館」を開催しました。いつもより短い夏休みでしたが、アイデアと努力のつまった素晴らしい作品が集まりました。どの作品も、その人らしさが表れていて、教科書では勉強することができないような興味深い内容がつまっていました。

 今年は特に、「海洋プラスチック」「自然エネルギー」などの環境問題と、「マスクの効果」「手洗いの大切さ」などの感染症予防対策についての問題をとりあげた研究が、レジ袋の有料化や新型ウィルスの出現などの社会問題を反映していて印象的でした。

 理科の授業で行った研究発表会では、苦労や工夫と共に、自然科学のふしぎさや面白さをクラスみんなで楽しむことができました。

 理科の自由研究では、テーマは何でも自由ですが、そのテーマについて科学的手法で探求することがとても重要です。理科の学習だけでなく、日常生活で答えのない問題に出会ったときに、このような研究活動がきっと役立つと期待しています。