学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

岩倉川探検隊 ~日本水文科学会学術大会での発表~

2018年10月15日

10月14日(日)総合地球環境学研究所で開催された日本水文科学会の学術大会における一般企画「身近な水環境」の部で、5,6年生の児童13名が発表しました。

2017年5月より岩倉南小学校と協力して行ってきた岩倉川の生き物調査で、岩倉橋から四ノ坪橋までの狭いエリアに100種類以上の生き物がくらし、その生態系バランスがうまく保たれていることなどが分かり、それらのことをポスターとカードによって報告しました。小学生児童による研究発表は前例がないものだったそうですが、学術大会に参加されていた研究者の方々からも温かく迎え入れていただき、大きな達成感を得ることができました。

第一線で活躍されている科学者から直接意見を伺うことによって、川の変動を探るためのデータ収集方法や考察の仕方なども学ぶことができました。年齢を超えて語り合うことのできる科学研究のすばらしさを味わう1日となりました。