学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

オンライン音楽授業 【みんなで “Physicaly Fit”】

2021年9月14日

【Bring Everyone Together】

 

Crazy Teachers(音楽科教員)はいつもはちゃめちゃなことをやっていますが、この夏休みコロナ禍で学んだことについて、それぞれ考えていました。世間では「分断」という言葉が飛び交いますが、自分の中にある偏見に気づかされる1年間だったなあと振り返りました。「マスクを付ける派vs 付けない派」とか、「ワクチンを受ける派 vs 受けない派」とか、勝手に人をカテゴライズしてしまって、どっちが良くてどっちが悪いみたいな構造を作ってしまっている。その種は自分の中にあると気づかされたのです。

 

 

学校現場でも「ちゃんと座らない子は悪い子」だとか、「宿題を出す子が良い子」だとか、【悪い子】vs【良い子】といった見方が横行しがちです。そして間違いなく、Crazy Teachersもそんな風に子どもたちを見てしまうことがあります。だから、お互いを鏡にしながら、自分の偏見に気づいて、自分を変えていけるチームでいようと決めました。

 

 

そこで、音楽科としての目標を決めました。「自分らしく音楽と関わって幸せになろう!」です。

どうやって音楽と関わるかを決めるのは自分自身ですし、自分を評価できるのは自分しかいません。人の評価ほどあてにならないものなんてありません。だって、自分がめっちゃ好きだと思った音楽を、隣の人が嫌いって思うことだってある訳です。だから自分で自分に問いかけながら、自分を自分で評価し、成長していけくことにフォーカスすることにしました。同志社が大切にしている精神の1つ、「自治自立」というのはこういうことなのではないかと思うのです。

 

オンラインで始まった2学期。この大きな目標のもとで「みんなで一つになろう」という思いからBring Everyone Together(BET)というスローガンを掲げることにしました。「みんなで一つ」とは「みんな一緒」ではありません。大切なのは同じであることではなく、自分らしくあることです。同じ歌を歌っても、歌声はみんな違うんです。この違いこそが個性です。この尊い個性を大切にして、「みんな違う」が一つになる。そんな学びを探し求めていきたいと思います。

 

ご覧下さい、BETプロジェクト第1弾!

【それぞれが輝く「Physically Fit】

*より高画質のものはオンライン学習サイトからご覧いただけます。

 

最後に、音楽科ではお家のみなさんとも繋がっていたいと考えています。保護者の皆さんには全校児童みんなのサポーターになってもらいたいと思っています。「こうあるべき」という思い込みを少しでも見直し、共に学んでいけるパートナーであれたら嬉しいです。

 

先輩先生のとてもすてきな動画を見つけたのでシェアします。是非、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=trLD3wPeYTQ