学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

持続可能な世界へ向けて~京都ユネスコ協会SDGs事業~

2021年5月31日

今年度より、同志社小学校と京都ユネスコ協会が連携したSDGs事業を実施することになりました。そのスタートとして、6年生の道草の授業に京都ユネスコ協会から江木恵瓔子氏をお迎えし、UNESCOSDGsについてお話を伺いました。江木氏からは、「同志社小学校の皆さんが、自分たちが生きていきたい世界を創っていく子・次世代になってくれると期待しています」という熱いメッセージと共に、一人1冊ずつSDGsパスポートをいただきました。このパスポートには、仲間と共に調べたり話し合ったりしながら学びを深めていく過程や、自ら考えて起こした活動の記録を綴っていく予定です。

いま地球上で起こっている様々な問題に気づき、ひとりひとりが自分ごととして地球の未来について考えていく一歩を踏み出すことができました。