学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

Join Us ~キョウト・ミュージック・アウトリーチ~ Vol.3

2019年11月19日

11月18日(月)今回で3度目、そして最後となる第3回目のコンサートホールさんからの出張授業がありました。
 今日の演奏者はピアニストの田中咲絵さん。
 とってもかっこいいプーランク作曲の「即興曲第1番」に始まり6曲をピアノソロで披露してくれました。
 途中、ショパンのエチュードを演奏する際は、子どもたちにピアノの中(特にハンマーとダンパー)がコロコロととても速く動く様子を観察させくださったり、ドビュッシーの演奏の前には「メリーさんのひつじ」の演奏を通して、演奏の仕方から得られる多様なイメージについて子どもたちと対話をしてくださったりしました。咲絵さんの演奏に対する反応が3クラス三様だったのを見ながら、本当にその時々によって音楽の感じ方って変わるのだなあと実感させられました。音楽をどのように感じ、そして、どのように理解していくのは人それぞれだというメッセージが子どもたちの様子から良く伝わりました。
 そんな咲絵さんが3クラスすべてに必ず伝えてくださったことは「音楽は気持ちを伝えるための見えない不思議な力を持っている」ということでした。元気をくれる音楽もあれば、慰めをくれる音楽もある。でも、その感じ方は聴き手それぞれである。こうやって、自由に音楽と対話することで人間の心は豊かになるのかもしれません。

 またしても、見えないものを大切にする本校にぴったりのプログラムでした。

 今回3度にわたり素敵な音楽を届けてくださった、コンサートホールの皆さん、特に昨年より本校とのコーディネートを積極的にしてくださった高野様に厚く御礼を申し上げます。感謝!