学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

2年生【バイオリンに挑戦】

2019年10月21日

本校ではアウトリーチという、外部から素敵なワークショップを届けていただく機会に恵まれています。

そして、頂いた、ワークショップをその先へと導くことで、子どもたちとのより深い「道草」が実現します。

先日京都コンサートホールからお越しいただいた藍子さんと梨恵さんは、音楽の「見えない部分」にフォーカスされていました。

子どもたちは実際に楽器を持ってみて、見えにくい所にある「魂柱」を見つけ、そのおかげで得られる響きを感じ、そして実際に音を出てみます。

「この音いいなあ」とか「今のはキーてなった」とか言いながら、同じようにやってみても違った音色が聞こえてくることに気づいたのではないでしょうか?(目には見えないけれど…)

例年、この時期は「虫のこえ」を皆で歌ったり、合奏したりするのですが、「虫のこえ」の見えない部分って何だろう?と想像しながら聴くことで藍子さんと梨恵さんが教えてくれたことそ、そして、本校が大切にする目には見えない心の部分によりこだわった時間が持てたように思います。

これからも「見えないもの」を大切にしながら、子どもたちとの学びを深めていきます。