学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

同志社小学校の自然(春)

2020年4月9日
春がやってきました。
同志社小学校の校庭では桜やチューリップなど色々な花が満開に咲いています。
寒い冬の間、落ち葉の下でじっと耐えていたオオムラサキの幼虫も、エノキの木を登って葉を食べ始めています。
絶滅が心配されている里山のチョウ「オオムラサキ」を、同志社小学校の南にあるエノキの木で今年も育てていきます。