学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

4年生道草「汚れた水をきれいにするには?」

2015年6月17日

 4年生の1学期の道草授業では、「汚れた水をきれにするにはどうすればよいか?」をテーマとし、グループごとに研究を進めてきました。
 4月の遠足で琵琶湖疏水をめぐり、5月は理科と社会で「水」について学習して、道草活動の下準備をしていました。今までに蓄積した情報や知識を活用して、「にごった泥水からどこまできれいな水を取り出せるのか」について一生懸命に考え、工夫し、実験を繰り返しました。
 それぞれのグループが考えた設計図をもとに、装置作りや実験がはじまると、
活発に討論したり材料集めに動き回ったり、休む暇無くひとりひとりが積極的に活動するようすが続いていました。
 活性炭を利用しようとして水が真っ黒になってしまったり、砂を通すとかえってにごってしまったり、たくさんの失敗を繰り返して頭を悩ませる場面もたくさんありましたが、授業の終わりには満足のいくきれいな水を取り出すことができ、「今日の道草は本当に楽しかった~!」と笑顔がこぼれました。