学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

ミュージカル活動スタート 

2021年1月20日

恒例になっている3学期の「Musical Showcase」、コロナ禍でもやります!
昨年度は公演間近で見たことも聞いたこともない病気に直面し、公演中止を余儀なくされました。
あれからもう直ぐ1年。病気はなくなった訳ではありませんし、感染状況はとても厳しいです。
ただ、ウイルスと共存しながら生活していく術を獲得しつつあるのも事実です。
そこで、今年は今までとは全く異なるアプローチで活動に取り組むことにしました。
1. アリーナを使ってソーシャルディスタンスと保った練習をする。
2. 状況によってはZoomを使ってのオンラインでの練習に切り替えるなど、完全リモートの対応をとる。
3. 発表形態の制限が多い出来合いのミュージカル作品を使わず、子どもたちで手分けをして一から脚本を書く。
4. 全編の発表はオンラインでの動画配信で実施する。
5. 可能であれば観客数を制限し、ショークワイヤ―形式での発表の場をもつ。
「コロナ禍だから…」という理由のみで「できない」としてしまうより、子どもたちそして保護者のみなさんと相談しながら、「できる」を探す。このプロセスにこそ、多くの学びがあるように思います。
ミュージカル活動を続けようと決めた、理由はこのプロセスの部分にあります。
どのような結果になるかはわかりませんが、今だからこそ出来る、特別なミュージカル活動を応援してください。

演目名はまだ確定していませんが、「不思議の国のアリス」のパロディーでニューノーマルの世界を旅していくような内容になりそうです。

アリスはどこかの国の音楽スタジオにも現れるらしいです…