学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

岩倉川 DE 道草 ~ 春 ~

2018年4月5日

 満開を過ぎた桜の花が風に舞い、岩倉川の中も小道も桜の花びらでいっぱいです。
川沿いのエノキの木の根元に可愛らしいカンサイタンポポが咲いていました。また、エノキの新芽には,テングチョウが卵を産みに来たり、ゴマダラチョウの幼虫が枝についていたりしています。ゴマダラチョウの幼虫は、エノキの新芽が出る3月の終わりごろに,根元の葉っぱの裏から幹をよじ登り、枝の間にぴったりと身を隠して葉っぱが大きくなるのを待っています。この姿は鳥でも簡単には見つけることができません。
 同志社小学校では,おとなりの同志社中学校のエノキの木をお借りして,ゴマダラチョウの幼虫とオオムラサキの幼虫を飼育しています。6月初旬ごろ美しい蝶が羽化する予定です。