学校生活

多彩な経験がつくる、
たくさんの笑顔と日常の輝くシーン

3年生は「春の小川」

2014年4月17日

いい日和に恵まれ、「春の小川」を肌で感じるために岩倉川の散策へ行ってきました。出発前に覚えたてほやほやの「春の小川」を合唱し、いざ出発。土手の上から魚の群れを探したり、水の音に耳をすませたり、お花の匂いを楽しんだり...体いっぱいに春を感じて、学校へ戻りました。
「川の水、冷たかった?」「どんな春、見つけた」という木全先生の問いに子どもたちは自然に「振り返り」へと導かれていました。『「春だなあ」と感じたことを思い浮かべながら、歌ってみよう』という声かけを合図に歌った「春の小川」はとても色合い豊かでした。
せっかく体で感じたことを振り返って終わりにしてしまうのは、もったいないので、次の音楽の授業はちょっと国語へも道草するそうです。