同志社小学校 DOSHISHA ELEMENTARY SCHOOL

学校紹介 Introduction

建学の精神

新島襄と同志社

1875年、新島襄によって
同志社大学の前身である同志社英学校が創立されました。

同志社は1875年(明治8年)新島 襄によって創立された、キリスト教主義の学校です。「一国の良心ともいうべき人々を育成する」ことが新島襄の願いです。キリスト教を徳育の基本として、知育、体育にもすぐれ、個性豊かな良心を手腕に運用する人々を世に送り出すことに努めています。

新島襄は教育宣言の中で、「一国の良心」について次の様に述べています。

「一国を維持するのは、決して2、3の英雄の力ではない。実に一国を形成する、教育があり、知識があり、品性の高い人たちの力によらなければならない。これらの人たちは『一国の良心』と言うべき人たちである。そして私たちはこの『一国の良心』[良心の全身に充満したる丈夫(ますらお)]ともいうべき人たちを養成したいと思う。」

新島襄は1つの私立学校の創立者であったばかりでなく、明治という日本近代化の流れの中でキリスト教精神に基づいた指導的な思想家でした。

彼の教えを受け継いだ数々の教育者たちの手によって、人間性の根幹たるものを育もうとする、「同志社スピリット」とも呼ぶべき、独自の教育理念が確立されて行きました。この新島が理想とした教育理念は、130年を経た現代社会においても、色褪せるどころかますますその重要性を増しているでしょう。

創立者 新島 襄 (1843-1890)
創立者 新島 襄
(1843-1890)
安中藩江戸屋敷に生まれる。国禁を犯しアメリカに脱国。帰国後、京都にキリスト教主義の同志社英学校を設立する。

良心教育を目指して

良心之全身ニ充満シタル丈夫ノ起リ来ラン事ヲ

同志社教育の原点は「良心」といえます。創立者の新島襄は誰よりも「良心」を高く評価しました。新島は9年間におよんだ欧米での生活を通して、キリスト教、とくにプロテスタントが文化や国民に与えた精神的感化がいかに巨大であるかを体得して帰国しました。そのひとつが「良心」で、これは「人間の目」ではなく、「神の目」を意識して初めて芽生えるものといえます。

つまり宗教をベースにした教育によってもっとも有効に触発されると考えられます。

新島から見て、日本の教育は知育に力を入れる半面、「心育」、今の言葉では「こころの教育」が疎かにされているといえます。

新島には、人は宗教的教育により「良心」を育みようやく「人間」となる、との信念がありました。

同志社大学から「精神なき専門家」(マックス・ウェーバー)や、「良心なき逸材」を生むつもりはありませんでした。「同志社大学設立旨意書」で、「一国の良心」を育成したい、と謳ったのもそのためといえます。新島は1学生への手紙の中で「良心の全身に充満したる丈夫(ますらお)の起り来(きた)らん事を」(良心が全身に充満した青年が現れることを)望んでやまない、と書いています。

この一節は、新島が期待する生徒像を鮮明にあらわしています。この言葉は「良心碑」に彫られ、同志社大学正門近くを始め、日米に9基存在しています。「良心教育」が同志社の建学の精神です。

創立者 新島 襄 (1843-1890)
良心碑
良心を手腕に運用する人物、一国の良心とも謂うべき人物を輩出したいという、新島の教育理念を表明した、同志社教育のシンボル。
今も生きる 新島精神

ページトップへ戻る